寝起き目がぼやけて見辛い。ビルベリーとかルテインとか良いらしいよ。

45歳を過ぎてから、寝起きに目が霞んでぼやけて見辛くなってしまいました。朝1番で、スマフォでメッセージなどを確認するのですが、パスワードの入力が大変で困ります。幼少期からずっと視力も良く、家族にも眼鏡をかけている者もいなく、目には自信があったので残念です。老眼何でしょうか。まだ、眼科にも、眼鏡屋さんにも行っていませんが、そろそろ考えないとと思っています。また、車に乗っている時に、助手席などでスマフォの画面を見ていると、目がチカチカし目眩がしてくるこも多くなりました。バスや電車の移動ではそういう事は起こらないので、車酔いの一種なのか、視力のせいなのか…。

友達も似たような感じが多いので、サプリメントを飲もうかと思っています
例えばこれ→http://xn--pbk5doe4c2647bhtbvph57c.xyz/

夜も、スマフォやタブレットを見ていると、目が霞んだり偏頭痛が起きやすいので、最近は夕食後はスマフォもタブレットも見ないようにしています。スマフォタブレットも、画面の光の加減のせいかと思い、明るさを調節してみたのですが(明る過ぎるのかと思い暗めにしてみた)、ますます目の疲れが酷くなったので、光の強さだけが原因ではないようです。まts、スマフォの画面を見た後に、本屋紙に書いてある文字を読もうとすると、紙の白さだけが目立ってしまい、なかなか文字に焦点を合わせることができません…。

得意料理はゴーヤチャンプル

私の得意料理はゴーヤチャンプルです。
材料は、ゴーヤ1/2本、スパム1/3缶、木綿豆腐1丁、サラダオイル大さじ一杯、ごま油大さじ一杯、卵1個、塩コショウ少々です。
作り方は、まずゴーヤを半月型に薄く切り、塩砂糖で軽くゴーヤを揉み、そのまま10分ほど常温で寝かします。

その間にサラダオイルで手で一口サイズほどに砕いた豆腐をサラダオイルで焼きます。焼きあがったら、短冊切りしたスパムと、10分寝かしたゴーヤを混ぜ合わせごま油と軽く塩をふり炒めます。ゴーヤが透き通って来たら、最後に溶き卵を流し入れ卵がある程度固まったら出来上がりです。調理時間トータルは20分くらいでしょうか。ネットで作り方は知りました。

調理ポイントとは、ゴーヤの苦味抜きです。下ごしらえで切ったゴーヤに砂糖と塩を揉みこんで寝かすことで、苦味を抜く事ができて、味もしっかりゴーヤにつきます。
とても簡単で美味しいので、是非みなさんも試してみてください。栄養満点で、特にゴーヤは夏の野菜なので、夏にオススメです。